top of page

肩こりは347万円の損失

肩こりは、現代人にとって非常に一般的な健康問題です。


デスクワークやスマートフォンの使用など、長時間同じ姿勢を続けることが多いため、肩や首に負担がかかり、緊張やストレスが蓄積されることが原因となっています。


今回は、肩こりに関する情報や対策についてご紹介します。


肩こりの症状


肩こりの解消法とは


肩こりの症状には、以下のようなものがあります。


  • 肩や首が凝っている感じがする

  • 頭痛がする

  • 肩や首の痛みがある

  • 腕がだるい

  • 肩周りの筋肉が硬くなっている

肩こりにはこれらの症状があります。


働き世代の94.6%もの人が肩こりを感じており、上記の肩こり症状における仕事のパフォーマンス低下は約34.7%と言われています。


これを年収1,000万円の人で換算すると347万円もの損失に繋がっていると言えます。


それでは肩こりを解消の為の対策を5つご紹介致します。


肩こりの対策5選


肩こりを解消するためには、以下のような対策が有効です。


1.ストレッチをする


肩こりを解消するためには、ストレッチが有効です。

特に、姿勢崩れが大きな肩こりの原因になってきますので、個人に合わせて硬くなっている筋肉を伸ばす事をおすすめします。


2.姿勢を改善する


肩こりの大きな原因の一つに、姿勢崩れがあります。


硬くなっている筋肉は伸ばしたりほぐしてあげる。

弱くなっている筋肉は適切な位置に戻すエクササイズを行う必要があります。


3.適切な運動をする


適切な運動は、肩こりの解消にも有効です。


肩こりの原因は上記に挙げた「姿勢崩れ」が大きな原因でそれに起因し

  1. 肩回りの血流が悪くなる

  2. 肩を下げるための筋肉が弱まっている

ことが非常に多いです。


適切な運動を行う事で血管を柔らかくし血流を促したり、肩を下げるための筋肉を活性化させて正しいポジションに戻す事が出来ます。


4.ストレスを減らす


ストレスは、肩こりの原因の1つです。

一見繋がりが無いようにも思えますが、過剰なストレスが掛かると人間は呼吸が浅くなる傾向にあります。


呼吸が浅くなることで、肩こりに関連する筋肉が硬くなります。

また、呼吸の浅さは横隔膜の動きも悪くなりますので付随して「自律神経失調症」などの疾患も起こしやすくなってしまします。


身近なストレスを排除する事が大切ですが難しい場合には、正しく深呼吸を行い身体をリラックスの方向へ持っていくことがおすすめです。


5.食生活を見直す


食生活も、肩こりに影響を与える要因の1つです。


肩こりの原因の1つに「肩回りの血流が悪くなる事」をご紹介しましたが、血流を良くするには血管の柔軟性が必要です。

血管の柔軟性を作る為には適切な食生活が重要になってきます。


早期の対策が効果的


肩こりに関わらずお身体の不調は早期の対策が効果的です。


10年かけて硬くなった筋肉と30年かけて硬くなった筋肉、どちらが早く改善しそうか?は言うまでもありません。


「おうちパーソナル」では肩こり解消に向けたエクササイズ/ストレッチも行っております。

  • 酷い肩こりに悩まされている

  • 肩こり&頭痛に悩んでいる


お悩みの方は、是非、お問い合わせ下さい。


症状の改善に、お役立て致します。




Commentaires


bottom of page